生活提案

ブランド同士の競争が激しくなっていますね。

カフェにギャラリー…変わる銀座のブランド旗艦店
■「生活提案」で市場を開拓

 ここ数年、東京・銀座で相次ぎ旗艦店をオープンする海外高級ブランドが店内でカフェやスパ、アートギャラリーを設けるなど、主力のファッション商品以外の事業を展開するケースが増えている。日本の高級ブランド市場が頭打ちといわれるなかで、“ブランドビル”が登場してきた背景には何があるのか。

 ■カフェやスパを併設

 高級ブランドがずらり軒を並べる銀座・晴海通り沿いに伊「ジョルジオ アルマーニ」は11月7日、「アルマーニ銀座タワー」(地上12階)をオープンする。ブランドショップに加え、世界初のマッサージやエステを受けられるアルマーニ・スパをはじめ、インテリアショップ、レストラン、バーなどを併設する日本では初の業態だ。
 オープンに先立ち会見を開いたジョルジオ アルマーニ ジャパンの笹野和泉社長は「ファッションブランドからフルライフスタイルブランドへというアルマーニの姿勢を示す店舗」と説明。アルマーニはこれまでに伊ミラノ、香港、独ミュンヘンなどでこうしたレストランやフラワーショップ、本屋などを併設した「ライフスタイル提案型」の店舗を展開している。
 銀座2丁目の交差点の一角に12月、伊宝飾「ブルガリ」は「ブルガリ銀座タワー」(地上11階)を開業する。イタリアン・レストランやバー、ビジネスミーティングにも使える予約制のラウウンジ、屋上テラスを用意。すでにリゾートホテルを経営しているブルガリのノウハウが、世界売上高シェアの約4分の1を占める“上得意”の日本でも発揮される。
 昨年11月にオープンした伊グッチの世界最大規模の旗艦店「グッチ銀座」(地上7階)もグッチカフェを併設し人気を集めており、なかでもグッチマーク入りのチョコレートはもはや名物だ。6階のギャラリーでは展覧会の開催もする。
 こうしたファッション以外の事業展開について、第一生命経済研究所の永浜利広・主任エコノミストは「銀座は日本だけでなく、アジアの観光拠点。欧州の高級ブランドは日本を訪れた外国人観光客の集客を目指している。店内での滞在時間を長くしたいという狙いもあるのではないか」と分析する。
| 財布


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。